アコムは審査は甘いか?

アコムは審査は甘いか気になって検索している人は多いと思います。私も実際に検索してみましたが、そういったページがいくつもヒットしました。ということはアコムのカードローン 審査が甘いかどうか気にしている人が多いということですよね。調べてみると、アコムの審査通過率は47パーセントを超えているということが分かりました。約半数が通過しているということですね。ちなみにアコムのライバル社の今季成約率は40パーセントらしいです。しかもアコムは審査通過率をもっと上げるようにしたいと発言しています。これはすごいことですよね。審査が甘い、といっても過言ではないのではないでしょうか。簡単に言ってしまうと、アコムは定期的に収入があれば正社員でもパートでもアルバイトでも関係なく融資をしてくれているようなのです。他店の利用件数には敏感のようですが、その関係で初めてキャッシングを試みる人でも簡単に借りることができる傾向にあります。利用目的も問われないので、気軽にキャッシングができますね。ちなみに平日の午後2時までに書類を確認できれば当日融資を受けることができます。

アコムのむじんくんについて

アコムのむじんくんについて知っていますか。私などは幼い頃にテレビCMで流れていた「らららむじんくん、らららむじんくん、らららら」という歌でその存在を知り、当時の同級生と一緒にわけもわかっていなかったのに歌ったりしていました。最近では特に力を入れてCMもされていないようなのでむじんくんを知らない人もいるかもしれませんね。むじんくんはアコムの自動契約機です。商標登録もされています。無人で契約できるからむじんくんという名前なんだなと思っている人も多いと思いますが、これは実は間違いのようですよ。私もそう思っていたので調べてびっくりしたのですが、無尽という単語からきているそうなのです。また実際に無人でもないらしいですよ。保安上の関係で人は居るのだそうです。だから自動契約機という呼称を正式には使用しているのですね。調べていく内に分かったのですが、私が幼い頃口ずさんでいたあの歌はクレームが多かったので差し替えられてしまったのだそうです。子どもが意味を理解せずに歌っている、などそのクレーム内容はまさに当時の私ですね。消費者金融のCMとしては不鮮明とも言われていたそうで、確かにそうだなと調べながら思いました。

プロミスの収入証明書類の提出について

プロミスで提出する収入証明書類は下記の4種類の書類の内いずれか1点です。まずは提出日が1月頭から2月末日の場合は前々年度以降の、提出日が3月頭から12月末日の場合は前年度の源泉徴収票です。次に、前年分の確定申告書です。次は提出日が1月頭から6月末日の場合は前々年度以降の、7月頭から12月末日の場合は前年度の税額通知書・所得証明書です。所得証明書は収入額と所得額の記載があるものに限ります。最後に給与明細書です。直近1年に賞与がないばあいは直近2か月分を、賞与があった場合はそれに加えて1年分の賞与明細書を用意します。書類の提出方法は6種類用意されているので、自分の都合に合わせて選ぶことができます。店頭窓口に持参する、郵送する、メールする、FAXする、自動契約機で契約する、スマートフォンやタブレット端末からアプリで送信する、の6種類です。アプリでできてしまうのはとても手軽ですね。メールで送るのも簡単ですが、この場合は書類をスキャンしたりカメラで撮影して添付すると言う作業が必要になります。アプリであればアプリ内の指示に従えば簡単です。

アコムマスターカードとは

アコムマスターカードとは、最短で即日の発効が可能なクレジットカードです。クレジットカードなのに即日発行可能というのは嬉しいですね。大抵の場合クレジットカードの発行には日にちを要します。すぐ使いたいという場合には向いていませんね。年会費はもちろん無料、利用明細書の郵送なしというのも新しいですね。支払い方法が口座振替の場合、利用明細書の郵送を希望する場合、アコム店頭窓口やATMで利用明細を受け取っていない場合以外は利用明細書の郵送が行われません。プライバシーも安心ですね。利用金額は最大3か月分をインターネットにて確認できるので安心です。種類はカードローン付きとショッピング専用の2種類から選ぶことができます。ショッピング利用限度額は最高300万円までとなっています。アコムマスターカードは様々な場面で活躍します。カード会社の審査に通らなかった方でもチャレンジしてみる価値はあるでしょう。アコムの審査は寛容だと言われることもある通り、アコムマスターカードの審査も柔軟に対応しているようです。気になった人はまず公式ウェブサイトをチェックしてみてください。

アコムの返済について

アコムの返済方法はたくさんあります。一般的な口座振替以外にもいくつか用意されているのです。たとえば店頭窓口、ATM、提携ATMで返済する方法です。アコムでは提携している金融機関などのATMでも返済が可能なのですね。しかし注意したいのは、提携ATMによっては別途利用手数料がかかることです。手数料は一覧ページがあるので見てみるといいかもしれませんね。振込でも返済は可能です。アコムが指定する口座に直接振り込むことで返済する形になります。この時の振込手数料は利用者が負担することになります。便利なのはインターネット返済です。これはパソコンや携帯などインターネットに繋ぐことのできる機器を利用してオンラインで返済が可能というものです。インターネットの特性上、24時間365日処理が可能となっており、リアルタイムの返済が可能です。前述したいくつかの方法とは違って手数料もかかりません。インターネットバンキングの登録を行っている人であれば誰でも利用することができます。利用可能な金融機関の一覧はホームページにあるので見てみるとよいでしょう。

アコムの店舗数について

アコムの店舗数は業界一を誇り、ATM数もまた業界一なのだそうです。安定性だけでなく利便性も高いということで忙しい現代人にぴったりだと言えるでしょう。ですがその店舗数は実際のところ減少傾向にあるようです。ピークだった2007年に比べるとずいぶん減ってしまったような印象を受けます。しかしだからといってアコムが廃れてきているというわけではありません。ポイントはインターネットにあります。アコムは現在のインターネット社会に柔軟に対応してきました。現在では自宅に居ながらにして融資を受けたり返済をしたりすることが可能になったのです。どういうことかというと、インターネットから融資の申し込みをし、返済もインターネットからできるということです。これは画期的ですよね。自宅でなくてもインターネットに繋がる機器さえ持っていれば、いつでもどこでも好きな場所・時に融資を受けたり返済をすることができてしまいます。インターネットで返済できる仕組みは、インターネットバンキングを利用することです。振込返済とは違って手数料もかかりませんし、何より利便性がとても高いですよね。

アコムの店舗検索について

アコムの店舗検索はどこから行えるのでしょうか。もちろんこれはアコムの公式ウェブサイトから行うことができます。メニューの中の店舗・ATM検索をクリックしてみてください。アコムの店舗窓口やATMだけでなく全国の提携ATMも利用できるという旨の文言の下に検索メニューと種類の説明が出てくると思います。店舗・ATM検索ボタンをクリックすると検索ページに移行します。検索方法は多彩です。まず簡単なのはキーワードで検索することです。フリーワード検索、住所検索、駅名検索が用意されていて、自分の都合が良いものを選ぶことができます。住所と駅名については一覧から選ぶこともできます。引越してきた場合などで近隣のことがよく分からない場合などは地図で検索が便利です。件名をクリックしてだんだん細かくしていくことで都合の良い店舗を見つけることができます。条件で検索するのも便利です。エリアを選択したら絞り込み条件のボックスにチェックを入れて検索していきます。条件には土曜日にも申し込みができる、18時以降も申し込みができる、ATMで借入ができる、などが用意されており、好きなものを選んでしぼりこむことができます。

アコムの審査に落ちたらどうする?

アコムの審査に落ちたらどうしましょう。実際に落ちてしまった人もいるとは思います。しかしアコムの審査について調べてみると評判がとてもよく、正社員でなくてパートやアルバイトでも融資を受けられたという体験談も多く見られます。また使用目的も問わないところが満足度が高い理由の一つのようです。つまりごく普通に働いている人が正しい手続きを踏めばアコムの審査に落ちることはまずないのですね。ではアコムの審査で落ちるのは何が原因なのでしょうか。残念ながら何故審査に落ちたのかを教えてもらうことはできません。自分で自分を振り返ってダメだったところを見つけ、改善していくしかないということです。アコムは他の業者でダメだった場合でも借りられると評判の業者ですから、アコムの審査に落ちた場合は悪あがきせず地道に頑張るという道を選んだ方がいいかもしれません。下手にヤミ金のような危ないところに手を出してしまったら、それこそ地獄への始まりです。アコムの審査に落ちたら、それは自分の状態が非常に悪いことだと認識して地道に信用を得られるように努力することにつとめるべきではないでしょうか。

アコムの審査について

アコムの審査について調べてみると、審査の通りやすさがピカイチだというような書き込みをよく見かけました。条件としては安定した収入があるというのが当然と言えば当然ですが大きなものとなっています。しかし正社員雇用の方だけでなく短時間労働のパートさんにも借り入れを提供してくれるとあってありがたがられているようです。寛容だというコメントもちらほら見られますね。他で断られたからと諦めて闇金などよろしくないところに手を出すよりは、テレビCMなどもしていて認知度の高い大手であるアコムに申し込みをするほうが良いのではないでしょうか。またアコムの審査はそのスピードもアピールポイントとなっています。どうしてもなるべく早くにお金が欲しいということがないとは言い切れません。そんな時にアコムはとても役に立つことでしょう。アコムのホームページでは返済のシミュレーションを行うこともできます。利用者のことを本当に考えているという姿勢が読み取れますね。審査が寛容でありながら無理な借り入れは勧めない、という姿勢があるのでしょう。

アコムのCMについて

アコムのCMというと世代によって思い浮かべるものが違う気がします。私が一番印象深かったのは、宇宙人が地球寄ってく?と地球でキャッシングする様子を描いたものです。子どもながらにシュールだなと思っていたことをよく覚えています。そういえば今は法律が厳しくなったのもあってか、あの時代のように自由に貸金業者のCMは流されなくなりましたね。アコムのCMについてきになって調べてみたら、アコムのCM戦略は猿タレだ、という文言を見つけました。猿タレとは何かと言うと、イメージにない人を起用することで宣伝する商品やサービスに親近感を抱かせる手法だとのことです。たとえば一番最近のアコムのCMを思い浮かべてみると永作博美さんですね。確かに、消費者金融を利用するイメージはありません。清純派の女優さんというイメージがありますね。その前を遡ってみてもそのような感じのキャスティングがされているように思います。2009年にはタモリさんが出ていたのですね。そう言われてみれば思い出しました。これって実はすごいことなんじゃないかと思います。タモリさんにももちろん消費者金融でお金を借りるというイメージはありません。消費者金融のCMなのに計画性を求める真摯な内容だというのも印象的でしたね。